MRの早期退職を考える

MR 早期退職
早期退職を正しくいうと、『早期優遇退職』。
リストラに近いですが、早期退職は自ら退社が選べますので、リストラよりも恵まれた制度だと思います。またこの早期退職は製薬企業では当たり前に行われていますが、他業種ではそうでないケースも多々あります。まして中小企業へいけば、早期退職という話を通り越していきなりリストラへと追い込まれて選択余地も与えられないこともあります。それだけ製薬業界は恵まれた業界といえるでしょう。

実際、早期退職を考える方は、「MR」は多いです。
これは平均年収が高いことや転勤族が多いことが要因に考えれています。
また再就職率も業界内にしやすいことも大きな要因です。

だから、40歳をすぎそろそろ実家や地元に戻りたいな。と思う人は早期優遇退職願いをだし早々に地元へ戻ります。
年収も高かったので貯蓄にも少し余裕があり、MR資格を持っていることでコントラクトMRぐらいであれば意外と希望に沿った転職先が見つかりやすいです。しかも、バリバリ働きたくないという人も多いので、アルバイトや短期的なMRとして雇用してもらう方も増えています。もちろん転勤もなく自宅通勤圏内でのMR活動に専念できるのでメリットは多いです。コントラクトMRが今後も伸びるというのはこいったことも含まれているのでしょう。

コントラクトMRの転職サポートに強い、JACDODAがおすすめ!

MRJOB.info おすすめMR転職サイト【MR経験者向け】

求人数(非公開求人含む)・提供情報量、業界トップクラス!!利用者満足度96.4%のMRBiZを利用しない選択肢は有り得ません。

希望通りのMR転職を実現させるためにも、MR転職を検討している方は、MRBiZのMR専門転職サポートにまず登録しておくことをオススメ致します。